上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上っ面。所詮上っ面。
あなたは僕がいなくなったらどうするの?
一生僕のことを思ってくれているの。
あなたの隣にはもう僕以外の人が入る可能性がないの?



嘘だよね、僕の変わりは沢山いる。
僕が消えたときは悲しんでくれるんでしょ?
でもその悲しみはいつか消える、あなたは笑える時が来る。
そのときあなたの隣には僕じゃない、他の誰かがいるんだ。
僕の代わりはいないなんて、所詮きれいごとだよ?





あなたはこの手首についた傷を見て何を思うの?
気持ち悪い?知ってる(笑)
なんでこんなことするの?生きてるって分かるからだよ。
昔は怖かった。でも今は怖くない。慣れてきたのかな。
これは僕の存在を一番明確にしてくれる。血が出るのは生きてる証拠。


死が幸せかどうかなんて、あなたが決めることじゃない。
僕自身が決めて、誰にも干渉なんてされたくない。
傷見てそれでも好きって言えるの?戯言並べられるの?


「見せたらいいだろ。」


どうせ気味悪がる。わかってるんだ。
君の言葉で僕がどれだけ傷つくのか、わかる?
慰めないでよ、あなたがいい人ぶって優越感に浸って・・・
嫌い嫌い、大嫌いだ。


「じゃあ反応しなければいいのか?なにもしなくていいの?」


違う・・・違う


「認めて欲しいんだ。自分を受け入れて、
 肯定してくれて。味方でいて欲しい。」


違う!!!!!


「じゃあなんなんだ!最初から分かっていろと?
 お前の望むもの以外は拒絶して。なにも望まない。」


だって・・・


「だってじゃない。言わないと分からないんだよ。
 超能力者じゃないんだ。全て勝手にお前だけが思ってることだ。
 上っ面も、なにも、全て。お前が変わらないと何も変わらない。」






それじゃあ一生変わらない。
お前はずっと孤独だ。
さがせ、自分で見つけろ。






                                 孤独な・・・?
スポンサーサイト
10.27 (Thu) 21:22 [ 戯言 ] CM0. TB0. TOP▲
コメント:
コメント:する









トラックバック:
トラックバック URL
→http://singingloves1996.blog.fc2.com/tb.php/10-9e97dd6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。