上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ねぇ、怖いんだ。
 
いつかこの時間が消えてしまうと思うと、君が愛おしくて堪らない。
 
 
ねぇ、怖いんだ。
 
君との別れがいつくるのか、知りたくない。
一緒にいたいんだ。
 
 
ねぇ、怖いんだ。
 
いつか君が消えてしまうと思うと、捕まえて離したくなくなる。
 
 
ねぇ、怖いんだ。
 
君のお荷物になっていないか、心配になる。
 
 
 
 
何もかもに怯え、震え、
前に進める足が竦む。
 
ああ、君と歩む道は一体どこまで続くのだろう。
いつか、君は僕を追い越して笑顔で振り向くのだろうか。
 
 
さようなら、なんて言わせない。
君の手は、僕のものだ。
離れていくのが怖いから
僕は君の手を離さない。
スポンサーサイト
02.03 (Fri) 00:26 [ 戯言 ] CM0. TB0. TOP▲
コメント:
コメント:する









トラックバック:
トラックバック URL
→http://singingloves1996.blog.fc2.com/tb.php/32-ca6b6272
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。