上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶望の色は、「」らしい。
それは本当の絶望を見た者にしか分からない色。
私たちはなぜ絶望とは暗く、寂しいものと思っているのか。


生きる希望を失い、
夢を見れなくなる。
未来を見失う。


普通の生活が羨ましい

毎日出勤している人が
毎日掃除をしている人が
毎日笑顔でいる人たちが
毎日喧嘩をしている人たちが

羨ましくてたまらなくなるんだ。


周りは一層輝きを増し、
ただでさえも暗い自分が、
押し迫ってくる光に負けて消えてしまう気がして。
まぶしすぎて目を開けない。
そんな明るい、きらきら光る「」。



だから、命の本当の尊さを知らない、
まだ生きていける私たちは、


限りある時間しか生きていけない人達に

まだ生きたいと願う人達に


恥じないような
そんな生き方をしなくちゃいけないんだ。



絶望の色。


あなたの絶望の色は
真っ白ですか?
その真っ白なパレットに、
色をつけていくのも悪くないかもしれません。
スポンサーサイト
02.07 (Tue) 20:41 [ 戯言 ] CM0. TB0. TOP▲
コメント:
コメント:する









トラックバック:
トラックバック URL
→http://singingloves1996.blog.fc2.com/tb.php/34-74d7c868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。